はたらく魔王さま!8巻 感想 まさかの急展開!そしてDVD特典に文庫1冊!?

 はたらく魔王さま!8巻いまさらながら読みましたので感想!今回はあらすじに書いてある通りエミリアの里帰り話になります。
 

 
はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-04-10
和ヶ原聡司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


以下感想
 いままでだと何かしらの問題残しつつもポジティブ+ハッピーな終わりだったのですが、この巻は急展開な巻でした。
 まずエミリアがエンテ・イスラに帰ってから消息を絶ち、、、、さらに真奥達もそれに対して打つ手がない。
 さらに真奥はエンテ・イスラから来たと思われる二人の人物と出会ってる最中に、アパートではエミリアの友人が訪れ、千穂は学校がマレブランケの襲撃を受け、それを助けるためにベルと漆原が協力し合う中、さらに天使も動いたりと、、、。
 とにかく結構展開が早く、タイミングが悪いとしか言いようがない事が重なります。漆原がかっこいい展開が起きて、、、いや本当にかっこいんですよ!それでもぼろぼろになったりベルが血だらけになったり千穂が泣いたり、、、、と。なかなかにヒドイ展開。さらにそこに暗躍する天使と、、、。
 ラストまで目が離せず、あとあじすっきりではない終わりで、、、、本当の意味での決着は次巻まで持ち越しという、、、、。
 いや本当に楽しみかつ、続きを早く!というのが感想です

 そして、、、、、!はたらく魔王さま!アニメのBD、DVDの初回特典が書き下ろしの文庫1冊(約250ページ)
 ええ、買いますよ?BDは5000でもDVDなら4200円ほどで買えますしね!
 しかも1話は結構エンテイスラ語とか魔族姿とか、カツドゥーンとかみきてぃとか見どころ一杯で文庫が700円の価値なら、DVDなら3500円と言い聞かせて買いますぜーーー。2巻以降も付くのかな、、、、付くとお財布が厳しいけど、書き下ろし読めるのはうれしいなーって感じですね。