新約 とある魔術の禁書目録 8巻 感想 グレムリンとの総決戦!

 新約 とある魔術の禁書目録8買って来ました。
 以下感想です。


 

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-09-10
鎌池和馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 あらすじに書いてある通り、最初からある程度中盤まで上条さんはレッサーとバードウェイとある意味キャッキャウフフな展開で(一歩間違えれば死にますが)、そこに久々のインデックスと御琴も絡んできて、上条さんの理性が崩壊しかけたり(追い詰められすぎて)と楽しすぎる展開です。
 一方でオティヌスのグングニル完成のカウントダウンも開始されて、世界の勢力のトップも動き始めて、、、な本編です。

 上条達が、必要になる、その時が来るまでに日常を楽しんでる裏側で、世界のトップの連合がグレムリンの本拠地襲撃を開始します。だけど、グレムリンは上手で、、、、、自体は当初の予定通りには行かなくなり、、、上条たちも想定外の事態に立たされます。
  
 今回は上条がついに御琴とインデクッスの力を借り、3人で戦ったりして、インデックス活躍です!本当に!(涙)そして御琴かっこいい!んでもって敵も特殊な魔術を使って戦ってくるわだし。戦いの舞台がまさかの●●だったりで、色んな意味で危機だったりと。
 
 そして、北欧神話に連なる名前を持つグレムリンのロキ、ヘル、ヨルムンガンド、フェンリルに対してステイルやオリアナ、そして聖人のあの人達も戦ったりと!熱い展開です!
 そしてクライマックスは魔神オティヌスとなりそこなった男オッレルスの戦いが始まり、そして結末は、、、、。
 かなり笑わせてくれた序盤と、中盤からの急展開、そして世界中で起こる戦いと、衝撃の結末と楽しませてもらいました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック