劇場版空の境界 未来福音見てきました!終末福音ももらえました。

 来場者特典の書下ろし小説 未来福音欲しさに劇場版空の境界未来福音見に行ってきました!ついでにパンフレットも買ってきました!
 それがこれ!
 
画像


 表紙のイラストと終末福音の字の所が青の箔押し?で美麗!目次を見る限りだとあとがきが132ページからなので、物語自体は130ページでした。
 以下感想になります。

 原作の未来福音は持ってるものの実はまだ読んでないので映画はとても楽しめました。
 まず最初は短編3つ
 式が黒桐から猫を預けられる話。1章の被害者の関係者と3章の加害者のキャラのその後の話。12月31日の式と黒桐のお話です。
 そして、後半は未来福音。未来視の能力を持つ二人の人物とそれに関わった式と黒桐。そしてそこから続いて10年後のお話になります。

 まず短編はその後の浅上さんの様子と変化、さらにパワーアップした能力とか色々すごかったです!完璧に使いこなしていらしてますよ!
 そして12月31日の二人とその他の人たちですが、イチャイチャだったり、笑わせてくれたり!個人的には二人もそうですが、鮮花とそんな鮮花の友人たちの様子がすごく癒されました。式のテレ顔とかめっちゃレアでした。

 爆弾魔と10年後のお話は式は本当に人間か?っていうぐらい超スペックでした。どんだけ爆弾を、、、というか爆風を神回避してらっしゃるの!?物凄いです。そして未来視の解説で出てきた橙子さん!久しぶりですごくうれしいです。境界の後はどこで何をしてらっしゃるんでしょうね?
 
 そして10年後は10年後の式の登場とか、10歳の少女と24歳の青年のコンビがすごく好きだったり、そして何よりも、、、、未来に関するお話ということで、、、、ラストにあのキャラが出てきて伏線が回収されたり、何を思っていたのかとか、、、、ちょっと涙腺に来ました。

 以前よりも式や黒桐、そして浅上も新しく出てきたキャラとかも好きになれて、素直に見てきて良かったと思える出来でした。あと劇場で見ると音の迫力とかすごくいいですね。式がなんにもない自分の部屋を動くときの足音とか床の音とか、日常の音でも映画で見るとよく感じます。
 パンフレットと終末福音の感想は別のページに書きます。
関連記事
劇場版空の境界 未来福音。終末福音とパンフレット感想

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック