はたらく魔王さま10巻 感想 ひとまずエンテ・イスラの問題は解決?な巻

 はたらく魔王さま10巻買ってきました!
 魔力が戻らずピンチすぎる魔奥に天使の策略を防ごうとするアルシエル、んでもって、流されるままにどんどん深みにはまっていくエミリア、、、とシリアスが続いてたのですが、きちんと収まってくれました。

 
はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-12-10
和ヶ原聡司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 エミリアが、畑のために悪魔たちを殺してしまったことを悔いるシーンとかがあって、暗い場面もちらほらあるんですが、アルバや天使を出し抜こうとするアルシエルの策あたりからはいつもの魔王さまな感じです。本当は敵同士なんだけど、もう仲間でいいじゃん、、、って感じになります。

 また、今はいない悪魔元帥のお話とか、エンテイスラの世界の事情とかも色々出てきますが、、、ひとまず前半の千穂が見どころ。千穂が世界の本当の事を知るのですが、その過程でどうもエンテ・イスラの事も何か気づいたようで、、、、!
 
 そして怒涛の後半では膠着状態に入った場を魔奥がある方法で、、、いやぶっちゃけ本人たちは大真面目なんだけど、どう見てもギャグな感じに引っ掻き回して、ひっくり返して、、、!
 そして、ここに来てベルやアルバートがとんでもない助っ人を連れてきたり、方法を使ったりと!
 面白かった!

 しかも、クライマックスは天使たちの裏にいるであろう人物が登場して急展開になったら、まさかのあの人の乱入とか!もう、周りの反応が面白すぎるし、「ノン、ミキティ」とかあの人はぶれなさすぎたりともう格好良すぎる。
 ということで、次の巻がミキティとか世界の真実とか色々出てきそうで、もう今から楽しみすぎるのですが!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック