だらりだらり

アクセスカウンタ

zoom RSS サモンナイトU:X 黄昏時の来訪者 感想 無色の派閥全開な展開

<<   作成日時 : 2013/12/25 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 えー、発売日の1日前にゲットしたのにようやく読めました、、、サモンナイトU:X 黄昏時の来訪者
 始まりは、初代制約者<リンカー>と彼の護衛獣だったメイメイ、彼の仲間で、、友人と呼べる後の無色の派閥の始祖ゼノビスの異界からの侵略を受けてた時のお話と、、、そしてその後のお話ですね。
 PSP版サモンナイト3で傀儡ユニットのオルドレイクが言っていたエルゴの王のお話もこれの事か、、と。
 以下感想


サモンナイトU:X 黄昏時の来訪者 (JUMP j BOOKS)
集英社
都月 景

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サモンナイトU:X 黄昏時の来訪者 (JUMP j BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 今回の巻は完全にシリーズをやった人向け。表紙の通り、1のキャラが中心となっており、ミモザとギブソンの結婚式、そして1〜4のキャラたちの繋がりなど、そして1の舞台となったサイジェントのその後の様子とか嬉しい限りのお話ばかり!
 サモンナイト2の番外編でも分かっていましたが、丸くなったマーン3兄弟とか、特にカムランですね!モナティの1件でうーんな彼でしたが、実は、、、、、。何気に彼のその後のお話が嬉しかったです。平和そのものな感じで。

 が、本編では一転して、、、辛い展開が、、、。
 まずゲームでのキール以外のパートナー、、、ソル、カシス、クラレットが登場します。無色の派閥の召喚師としてです。特にソル、カシスはかなり、攻撃的でゲームで彼らをパートナーにしてた人は結構つらいかも。言動も考えも完全に無色の派閥のものなので。
 特に途中で彼らが使ってくる方法がひどいので。(涙)カシスなんか、完全に悪役ですよ。

 無色の派閥のあれこれも出てきますが、とんでもない展開が起こりまくって、調律者<ローラー>も登場、4のゲックやセクターも登場したり、彼らのその後のほのぼのな安息も、すぐにぶち壊しな展開が待っていて、またしても続きが待ち遠しい展開になっています。
 5で語られた世界が滅びる寸前にまで至った狂界戦争、どうしてそうなったか分からなかったのですが、これを読むと、今後事態がもっと悪化していくことを考えればそうなってしまうのは仕方ないかも、、、と。
 同時に抜剣者<セイバー>の辛い事が起きすぎた、、、、っていう台詞からも、今後色々悲劇が起きるのかなーと。
 ひとまずゲックとかセクターが心配、、、、(涙)あの機械姉妹とグランバルドのほのぼのな日常が、、、、、。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サモンナイトU:X 黄昏時の来訪者 感想 無色の派閥全開な展開 だらりだらり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる