ソウルイーターノット! 4巻 感想 シリアス少な目な巻

 ソウルイーターノット! 4巻の感想です。
 今回はシリアスは少な目、、、反面最後の方はここで終わりなのか、、、という終わりです。


ソウルイーターノット! (4) (ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2014-04-12
大久保 篤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソウルイーターノット! (4) (ガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 内容的に学生生活が中心で魔武器のお話やら、仲良くきゃっきゃうふふなコメディー中心。
 だけど、宙ぶらりんだったパートナーのお話の件やら魔武器としての覚悟みたいなものなども盛り込まれています。
 まあ、ギャグが一番楽しいのですけどね!ジャクリーンとキムのお話は本編よりもこっちの方が好きです。というかジャクリーンとキム可愛いです。なんですか!これ。
 狸姿も可愛いですか、その後の顛末とか、、、、。ちょいとアブノーマル入ってますが、面白いので可!

 まあ、次巻で終わりで、ぶっちゃけ最後のゴーゴン三姉妹と、、、、誰が戦うのか気になりますね!アラクネもメデューサも半端ないのにノットクラスじゃどう考えても無理な気がするから別の方が決着をつけるのでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック