サモンナイトU:X 叛檄の救世主 感想 ついに、、、退場者が、、、

 サモンナイトU:X 叛檄の救世主 買ったので感想です。
 覚悟はしてましたが、、、、、今回から退場者が出ます、、、、。覚悟してたけど、やっぱりつらくて落ち込む、、、。

 ひとまず、前回の続き、つまりハヤトとの和解からスタートしますが、表紙にも出てますが、トリス・クレスメントメルギトスが出てきて、、、、、もうね、辛いわ!!メルギトスはレイムな感じで穏やかに出てきますが、やっとることはゲーム同様えげつない!さらに今回は冗談抜きでキャラの命に関わる事態だしね、、、。
 
 さらにいうとトリス・クレスメントの正体もそうですが、そこから明らかになる、、、、マグナの秘密とかね。ゲーム発売から何年もたって、、、、今、、、衝撃的な事実が明らかになったりと、、、。そしてトリスはおおよその予想通り敵なのですが、言ってることが仕方ないとはいえ、滅茶苦茶で、、、うわーん。1の選ばれなかったパートナー同様辛い。さらにいうとドラマCDの内容前提だったりとか。

 そして、ラスボスと遭遇した、、、ケンタロウとかね。何なんですか、、何なんですか。ケンタロウの本心とかね。普通の家族になれたのに、、、ここにきて、一人でラスボスと戦うとか、、、。
 他にもヘイゼルがパッフェルになるまでに起こった出来事、つまり何故エクスを暗殺しようとしたのか、の真相とか、彼女と深いかかわりを持つ、、、、彼のその後とか。
 正直な話、この二つのどんより具合が半端ないです。
 以前の小説でも、彼のその後だけ不明瞭だったのですが、、、。ごめん、ちょっと泣きたい。なんだろ、分かってはいたんですけどね、サモンナイトは明るい、日常部分も多いのですが、本当は重苦しい現実が横たわる世界観なので、、、甘くはないのは分かってたんですけど、、、、。

 印象深いのはアルディラだったりします。アルディラが泣いた時。そしてヤッファの台詞とか。なんというか彼に色々。本当に色々言いたい事とかあっただろうなと思いました。
 正直なんで、一言言ってくれなかったんだと。そうすれば、、、、、。
 他にもフェアやリュームも登場してるし、他の生徒も登場してるけど、生徒はサブキャラ扱いで出てこなさそう。けどフェアは、、、、やっぱり1巻の、、、あれは彼女の事を指しているんですかね?

 ラストの展開から次の巻から更なる佳境に入るようで、、、、、。
 ちょっと、数年越しの色んな事実に沈んできたので、感想はここまでにしときます。 



この記事へのコメント

2018年03月03日 11:13
WOW just what I was looking for. Came here by
searching for Q[

この記事へのトラックバック